読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その背中を追いかけて

好きなものを、好きなだけ

ジャニーズWEST 2016年振り返り

 

※個人的なまとめですので抜けがある場合がございます。ご了承ください。

f:id:msh_c5:20170102123229j:image


【TV/レギュラー】
■「ザ少年倶楽部」(NHKBSプレミアム)/ジャニーズWEST(司会:桐山照史
■「ザ少年倶楽部セレクションスペシャル」/ジャニーズWEST(司会:中間淳太
■「リトルトーキョーライフ」(テレビ東京)/ジャニーズWEST
■「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)/ジャニーズWEST
■「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」(関西テレビ)/重岡大毅
■「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」/中間淳太+メンバー1人
■「ちちんぷいぷい」(毎日放送)/中間淳太(隔週)
■「ヒルナンデス!」(日本テレビ)/桐山照史中間淳太
■「エージェントWEST」(朝日放送)/ジャニーズWEST
■「ナミノリ!ジェニー」(毎日放送)/ジャニーズWEST

 

■「ドヨルのエージェントWEST」(朝日放送)/ジャニーズWEST(4/9-9/24)
■「ドヨルのご当地モンクエスト」(朝日放送)/ジャニーズWEST(1/16-3/26)
■「学校再発見バラエティー あほやねん!すきやねん!」(NHK総合)/重岡大毅(-3/19)

 

【ラジオ/レギュラー】
■「ジャニーズWESTの男前をめざせ!」(ABCラジオ)/ジャニーズWEST
■「bayじゃないか」(bayfm)/ジャニーズWEST
■「ジャニーズWEST もぎたて関ジュース」(ラジオ関西)/ジャニーズWEST
■「関ジャニ∞村上信五 ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン」(文化放送)/桐山照史中間淳太(3/31-)

 

f:id:msh_c5:20170102123418j:image


【1月】
■1/1「Johnny's Countdown Concert 2015-2016」@東京ドーム
■1/2 新春時代劇ドラマ「信長燃ゆ」(テレビ東京)/神山智洋森坊丸役)
■1/3-4「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@大阪城ホール
■1/6-7「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@横浜アリーナ
■1/13-14「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@名古屋ガイシホール
■1/17「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@広島グリーンアリーナ
■1/23-24「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@マリンメッセ福岡
■1/28「VS嵐」(フジテレビ)/重岡大毅(チーム申年)

 

【2月】
■2/1「有吉ゼミSP」(日本テレビ)/神山智洋、濵田崇裕
■2/11「櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”」第2弾 (TBS)/重岡大毅中間淳太神山智洋藤井流星、濵田崇裕
■2/21「ニッポンのぞき見太郎 あなたは多数派?少数派?」(関西テレビ・フジテレビ)/重岡大毅

 

【3月】
■3/9 WANIBOOKS WiNK UP編集部 特別編集『ジャニーズWEST CALENDAR 2016.4-2017.3』発売
■3/20「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
■3/24-25「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@大阪城ホール
■3/31-「関ジャニ∞村上信五 ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン」(文化放送)/桐山照史中間淳太

 

【4月】
■4/2-3「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
■4/2- アニメ「逆転裁判」(日本テレビ)/主題歌『逆転Winner』ジャニーズWEST
■4/3「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦」(日本テレビ)/小瀧望中間淳太桐山照史
■4/5「ありえへん∞世界スペシャル」(テレビ東京)/桐山照史
■4/7-「ヒルナンデス!」(日本テレビ)/桐山照史中間淳太
■4/9「嵐にしやがれ 春のデスマッチ2時間SP」(日本テレビ)/小瀧望
■4/9-「ドヨルのエージェントWEST」(朝日放送)/ジャニーズWEST
■4/11「謎解きバトルTORE!2016春祭りSP!」(日本テレビ)/小瀧望
■4/13「“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会」@東京ドーム/重岡大毅中間淳太神山智洋
■4/13-6/15 ドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ)/小瀧望(三浦家康役)
■4/15「ミュージックステーション」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『逆転Winner』
■4/18「有吉ゼミ春満開」(日本テレビ)/重岡大毅
■4/20 5th Single『逆転Winner』発売日
■4/21「関ジャニ∞村上信五ジャニーズWEST中間淳太レコメン!」(文化放送)/ゲスト:重岡大毅
■4/22- CM「サーティワン アイスクリーム『ポッピングシャワー☆パチキャンMAX』/ジャニーズWEST
■4/22「Love music」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『逆転Winner』
■4/22 連続テレビ小説「あさが来た」完全版2 DVD&Blu-ray発売日/桐山照史
■4/23 ジャニーズWEST デビュー2周年♡*.+゜
■4/23「王様のブランチ」(TBS)/桐山照史神山智洋
■4/23「あさが来たスピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」(NHK BSプレミアム)/桐山照史
■4/22-5/8 歌喜劇「市場三郎~温泉宿の恋」@東京グローブ座/濵田崇裕
■4/26「ちゃちゃ入れマンデー」(関西テレビ)/重岡大毅

 

【5月】
■5/1「新ドラマ対抗!巨大カプセル(秘)ミッション」(日本テレビ)/小瀧望
■5/13-5/15 歌喜劇「市場三郎~温泉宿の恋」@シアタードラマシティ/濵田崇裕
■5/14- 映画「殿、利息でござる!」/重岡大毅(穀田屋音右衛門役)
■5/18「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」DVD&Blu-ray 発売日
■5/24「好きになった人14 恋愛下手な芸能人・勇気を出して告白SP」(日本テレビ)/小瀧望
■5/28 映画「殿、利息でござる!」大ヒット御礼舞台挨拶/重岡大毅
■5/28「バナナ♪ゼロミュージック」(NHK総合)/桐山照史神山智洋

 

【6月】
■6/1 CM「サーティワンアイスクリーム『チャレンジ・ザ・トリプル』」/ジャニーズWEST
■6/3 ドラマ「サムライせんせい」DVD&Blu-ray発売日/藤井流星
■6/18-19「嵐のワクワク学校2016〜毎日がもっと輝く5つの自由研究〜」@京セラドーム
■6/24 連続テレビ小説「あさが来た」完全版3 DVD&Blu-ray発売日/桐山照史
■6/25-26「嵐のワクワク学校2016〜毎日がもっと輝く5つの自由研究〜」@東京ドーム
■6/26「日曜ファミリア・やっちまったTV~ダイエットなんて関係ない!おデブちゃんがやっちまったSP~」(フジテレビ)/桐山照史
■6/29「テレ東音楽祭(3)」(テレビ東京)/ジャニーズWEST『ええじゃないか』

 

【7月】
■7/2「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」(日本テレビ)/ジャニーズWEST『ズンドコパラダイス』
■7/8「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ)/桐山照史
■7/9- アニメ「逆転裁判」(日本テレビ)/主題歌『人生は素晴らしい』ジャニーズWEST
■7/17-9/18 ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(フジテレビ)/桐山照史(人見将吾役)
■7/13「ヨルナンデス!これが極上の夏休みナンデス!SP」(日本テレビ)/桐山照史中間淳太
■7/14「VS嵐SP夏の豪華2本立てSP」(フジテレビ)/桐山照史
■7/16「音楽の日×CDTV 朝まで夏フェス!2016」(TBS)/ジャニーズWEST『人生は素晴らしい』
■7/18「FNSうたの夏まつり2016~海の日スペシャル~」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『人生は素晴らしい』
■7/21- CM「サーティワンアイスクリーム『真夏の雪だるま大作戦!』」/ジャニーズWEST
■7/23- CM「ガンホー・オンライン・エンターテイメント ニンテンドー3DS用ソフト『パズドラクロス 神の章/龍の章』協力プレイ篇、協力/対戦プレイ篇」/小瀧望
小瀧望
■7/27 6th Single『人生は素晴らしい』発売日
■7/29「ミュージックステーション」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『人生は素晴らしい』
■7/31「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ)/神山智洋
■7/31「やすとものどこいこ!?」(テレビ大阪)/重岡大毅中間淳太

 

【8月】
■8/5-7 舞台 SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」@長野サントミューゼ/神山智洋(蛍太郎役)
■8/5「ジャルやるっ!」(関西テレビ)/藤井流星小瀧望
■8/8「ネプリーグ」(フジテレビ)/桐山照史(HOPEチーム)
■8/13-9/24 ドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ)/濵田崇裕(小中荘太役)
■8/17-9/18 舞台 SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」@赤坂ACTシアター神山智洋(蛍太郎役)
■8/27 24時間テレビドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」(日本テレビ)/小瀧望(緒ノ崎快役)

 

【9月】
■9/10-「FINEBOYS」10月号/藤井流星(モデルデビュー)
■9/19「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『ええじゃないか』

 

【10月】
■10/1-「エージェントWEST」(朝日放送)/ジャニーズWEST
■10/2「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2016秋」(日本テレビ)/桐山照史中間淳太藤井流星
■10/5 映画「殿、利息でござる!」DVD&Blu-ray発売日/重岡大毅
■10/6「ヒルナンデス!」(日本テレビ)/ゲスト:藤井流星
■10/7-9 舞台 SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」@富山オーバードホール/神山智洋(蛍太郎役)
■10/8「バナナ♪ゼロミュージック 学校音楽SP」(NHK総合)/重岡大毅桐山照史
■10/8「嵐にしやがれ」(日本テレビ)/藤井流星
■10/9-12/11 ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ)/藤井流星(葵伝二郎役)
■10/9「ニノさん」(日本テレビ)/藤井流星
■10/10-14「ZIP!ZIP!×レンタル救世主コラボ」(日本テレビ)/藤井流星
■10/16「ニノさん」(日本テレビ)/藤井流星
■10/18 映画「溺れるナイフ」完成披露試写会/重岡大毅
■10/19-31 舞台 SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」@大阪フェスティバルホール神山智洋(蛍太郎役)
■10/21-「ナミノリ!ジェニー」(毎日放送)/ジャニーズWEST
■10/22「LaLaLaシネマらぼ」(関西テレビ)/重岡大毅
■10/22「世界一受けたい授業」(日本テレビ)/重岡大毅

 

【11月】
■11/5- 映画「溺れるナイフ」/重岡大毅(大友勝利役)
■11/5- 映画「溺れるナイフ」初日舞台挨拶@TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ新宿、シネマサンシャイン池袋重岡大毅
■11/16 ドラマ「世界一難しい恋」DVD&Blu-ray発売日/小瀧望
■11/21「YOUは何しに日本へ?にジャニーズYOU達がガチ参戦!汗と涙の超本気コラボだよSP」(テレビ東京)/桐山照史中間淳太
■11/24「櫻井翔のジャニーズ軍 VS 有吉弘行の芸人軍究極バトル“ゼウス”」(TBS)/重岡大毅中間淳太藤井流星小瀧望
■11/29「日テレ系音楽の祭典 BEST ARTIST 2016」(日本テレビ)/ジャニーズWEST『逆転Winner』『one chance』
■11/30『ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7』DVD&Blu-ray発売日
■11/30 3rd Album『なうぇすと』発売日

 

【12月】
■12/3「王様のブランチ」(TBS)/ジャニーズWEST
■12/13 映画「破門〜ふたりのヤクビョーガミ〜」完成披露試写会 /濵田崇裕
■12/14「FNS歌謡祭2016 第2夜」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『ズンドコパラダイス』
■12/23「MUSIC STATION SUPER LIVE 2016」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『人生は素晴らしい』
■12/24-25「ジャニーズWEST 1stドーム LIVE24(ニシ)から感謝届けます」@京セラドーム
■12/31「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2016→2017」(TBS)/ジャニーズWEST『one chance』
■12/31「Johnny's Countdown Concert 2016-2017」@東京ドーム

 

f:id:msh_c5:20170102123406j:image


【2017年】
■1/1「Johnny's Countdown Concert 2016-2017」@東京ドーム
■1/3-7「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@横浜アリーナ
■1/8- ドラマ「大貧乏」(フジテレビ)/神山智洋(小暮祐人役)
■1/21-22「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@サンドーム福井
■1/28 映画「破門〜ふたりのヤクビョーガミ〜」公開日/濵田崇裕(木下役)
■1/28-29「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@マリンメッセ福岡
■2/4-5「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
■2/15-17「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@名古屋日本ガイシホール
■3/9「ジャニーズWEST Calendar 2017.4→2018.3」(小学館)発売日
■3/18-19「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@静岡エコパアリーナ
■3/28-29「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@大阪城ホール
■4/9「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@北海道立総合体育センター北海きたえーる
■5/6-7「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」@広島グリーンアリーナ

 

f:id:msh_c5:20170102123621j:image

 

2017年もジャニーズWESTにとって飛躍の年になりますように♡*.+゜

『溺れるナイフ』

 

2016年秋ロードショー 映画『溺れるナイフ

ジャニーズWEST重岡大毅出演決定のお知らせ
 
やるやると噂だけが先走りTLが盛り上がっても、重岡くんが夏に何の前触れもなく短髪になって明らかに仕事だろってわかっていても、やっぱり迂闊に喜べなくて。今日まで耐えて耐えて耐えて、公式発表を目にした瞬間の喜びが、とてつもなかった。
 
昨夜もぎ関が始まる3分前に流れてきた『はやドキ!』の公式ツイート。あ、ついにくるのかと馬鹿みたいにドキドキして眠れなかった。それなのにアラームより早く起きて、まさに小学生の遠足前状態。はやドキ!4:10で新聞記事を、4:48に映画の映像を観れた。この多幸感は何だろう?言葉にできなかった。
 
公式サイトをじっくり読んで、ただただ凄いとしか言えなかった。今日発表された4人とも、この映画以外にも公開を控えた映画を持っていた。もちろん重岡くんもそのうちの1人であることにも感動した。初めての感覚だった。ただただ胸が熱くなって、じんわりして、苦しくなって、でもとっても嬉しくて。やっと、やっと、この日がやってきたんだと改めて実感した。
 
「俺はあれやりたいな〜。あの〜恋愛とかちょ、苦手やねんけどさぁ、よく恋愛映画でさぁ、その〜ヒロインと、そのなんか、なんて言うん、彼氏役?プリンス、なんていうん?(笑)ふふふっ(笑)ヒロイン役と付き合う男の子を、こうなんか仲介するさあ!ええやつ!ええやつ!ええやつやりたい!結果俺も好きやったんやけど、いやちょっと、うん、切ない、ええやつ」
▶︎『ええじゃないか』初回盤(忍ジャニ盤)
▷DVD:トーク+「忍ジャニ参上! 未来への戦い」オリジナル・ダイジェスト+オフショット より
 
 
重岡くん、本当におめでとう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以下、メモまとめ用に随時更新予定
 

f:id:msh_c5:20160307181603j:image
 
キャスト

あらすじ

東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽(もちづきなつめ)は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(はせがわこういちろう:コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。意地悪で気まぐれでエキセントリックな彼に反発しつつも、彼の発光するような神々しさに心を奪われ、いつか「コウちゃん」は「わたしの神さん」だと思うようになる。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と同種の力を感じていく。徐々に気持ちを通わせていくふたり。「一緒にいれば無敵!」とさえ思っていた矢先、運命を変える出来事が起こる・・・。
 
f:id:msh_c5:20160307182251j:image
 
 
 
f:id:msh_c5:20160307182329j:image
f:id:msh_c5:20160307182344j:image
 
 
山戸結希監督コメント
 
f:id:msh_c5:20160307182515j:image
 
溺れるナイフ』公式サイト
 
 
 
■3/7(月)『はやドキ!』『ZIP!』他
 
f:id:msh_c5:20160307184225j:image
f:id:msh_c5:20160307184243j:image
f:id:msh_c5:20160307184306j:image
 
f:id:msh_c5:20160307184148j:image

 

 

 

 

 



 

TAMERが好きすぎる重岡担から見たTAMER



 最初に申し上げますが、これから述べられていることはあくまで個人的な解釈です。此処そんなんじゃねーし!的な部分が大半かもしれませんが目を瞑っていただきたいです。自分がTAMER聴き込んだ上で書きたかったこと、ライブでの様子が混ざってしまい読みにくいと思います。何時もの事ですが先にお詫び致します。また、メディア媒体によるライブ曲の解説などは一切読んでいない状態のため、曲を書かれた本人の思考とズレが生じている場合があるかと思いますが、ご容赦下さい。




TAMER
 歌 :中間淳太
 作詞:中間淳太
 作曲・編曲:Kevin Borg・Simon Gribbe

燃える Fire ring 唸る Something roars
The beast looks crazy in my amazing show
早くおいで Girl ここは Wonderland
Now forget all and let me drive your mind, babe
  • ここはワンダーランドだよ、早くおいで、散々誘惑された挙句「全て忘れなよ、君の心を操らせてよ」と、こんなに麗しいTAMER様が仰るなら妖しい誘いにもきっと乗ってしまうだろう。

甘く Open your heart 徐々に Lose control
とまらない Heartbeat まだ欲しいの? NO…
You'd better to start running
Cuz I このままじゃ心からキミをKill
  • 『甘く Open your heart 徐々に Lose control とまらない Heartbeat まだ欲しいの? NO…』一気に畳み掛けられて深みに嵌っていく感じ。そしてお預けをくらう。やはりTAMER様、一筋縄ではいかない。そんなところにまた嵌っていく。
  • 「逃げ出した方がいいよ、だってこのままじゃ心から君を殺しちゃう」って逃げ出さなければと頭のどこかで思いながらも動けていない。早くもTAMER様に操られ始めてる証拠である。

Hey bro, time to hunt!
またひとり Came up to our show tonight
狙え 全て捕らえろ 出来た子には褒美をGive ya!!
Hey girl, time to fall!
脱け出せぬ檻の中へTonight
Don't be scared, Come here…
Cuz I'm your TAMER
TAMER
  • AメロBメロを経てサビでより一層自信に満ち溢れているTAMER様すごい。音も然り、声量も然り(当たり前といえば当たり前だが)文字通り狩りにいってる。いや、いってるというよりは事前準備だろうか。
  • 歌詞に関して言うと、前半はわかりやすいくらい感嘆符がいくつも付いているのに対し『Don't be scared, Come here… Cuz I'm your TAMER』と突然「怖がらないで、こっちにおいで?だって僕は君の調教師だから」と語りかけるような、更に誘っているような三点リーダがついた一気に落ち着いた文面。
  • ライブ度外視で音源のみだと『Don't be scared〜』のところでTAMER様の妖艶な笑みが鮮明に浮かんだ。「脱け出せぬ檻の中へ」着々と歩みを進めてしまっている。いや、まだここだと促されているといったところだろうか。

照らす Hot spot lights 踊る Clouds of dust
The audience looks crazy in my amazing show
魅了する My beasts 弄ぶ Yellow whip
Don't forget, I run a tight ship, so beware good girl
  • 一番狡いのは『Don't forget, I run a tight ship, so beware good girl』「ここはもう僕の支配下」更に「気をつけな、いい子ちゃん」支配下だと言っておきながら注意を促す優しさもかっこいい思ってしまう。かっこいいのだが。
  • 完全に上から。2番から心地良さすら感じるTAMER様の上から目線が炸裂していく。
  • いい子ちゃんと訳したところは、子猫ちゃんでもよさそう。

甘く Open your heart 徐々に Lose control
とまらない Heartbeat まだ欲しいの? NO…
You'd better to start running
Cuz You このままじゃ心までボクのSlave
  • 徐々にどころか既にLose control。
  • しかしここでも「逃げ出した方がいいよ」とTAMER様。逃げ出さないことを確信しているとしか思えない。
  • だからこそ『Cuz You このままじゃ心までボクのSlave』と言えるのだろう。「心までボクの奴隷になるけど、それでいいんだよね?」という確認作業ともとれる。

Hey bro, time to hunt!
またひとり Came up to our show tonight
掴め 二度と離すな 出来た子には褒美をGive ya!!
Hey girl, time to fall!
ボクの支配する檻へTonight
Don't you know? You're mine…
Can't escape
  • 1番では『狙え 全て捕らえろ』だったのが2番では『掴め 二度と離すな』となっている。1番からじっくり時間をかけてきた"TAMER様に心を操られた上で、二度と離さないよう指示された猛獣に囚われ、TAMER様が支配する檻の中へと導かれる"という構図が出来上がった。後は猛獣たちを放出するだけ。
  • そして最後に『Can't escape』「もう逃げられない」逃げ出す余地をTAMER様自らの言葉で失くした。ここまで逃げ出す選択肢を与えてきたが、もう選択肢など与えない、与える必要もないということだろう。

Say your prayers!!
何も恐れないRed lion
冷静なBlue wolf
コミカルなOrange bear
宙(そら)飛び回るPurple eagle
オシャレ好きGreen tiger
いつだってCuteなPink elephant
この指鳴らせばGo sign
Are you ready?
It's show time!!
  • 逃げる余地をなくした上での『Say your prayers!!』は自信に満ち溢れているTAMER様の顔が浮かぶ。
  • そしてついに6匹の猛獣が現れる。2番サビの『掴め 二度と離すな』を彼らが実行する時がきた。

底なしの闇へ
I'm gonna take it all into my world tonight
  • 6匹の猛獣が現れ、TAMER様が猛獣たちに直接指示を与えるところ、GOを掛けるのがこの部分。
  • 『I'm gonna take it all into my world tonight』いよいよ全てがTAMER様ならびに猛獣たちの支配下となる。

Hey bro, time to hunt!
また獲物が Came up to our show tonight
全て 手に入れてやる 食べきれない褒美をGive me!!
  • 全ての獲物を手に入れて褒美を貰うべく、前段まで息を潜めていた猛獣たちが自らの声で一斉に吠える。TAMER様からのGOが出た猛獣たちに躊躇う理由はない。

Hey bro, time to hunt!
またひとり Came up to our show tonight
狙え 全て捕らえろ 出来た子には褒美をGive ya!!
Hey girl, time to fall!
脱け出せぬ檻の中へTonight
Don't be scared, Come here…
Cuz I'm your TAMER
  • 仲間とも言える猛獣たちを放出したTAMER様に恐れるものなど何もない。ただ獲物を狩るだけ。
  • この部分は1番サビの繰り返しとなるが、前半は猛獣たちに指示をし、後半は精巧に作り上げられたシナリオによって捕らえられ、心を操られた"堕ちた者"自身の足で檻の中へ向かわせているようなイメージ。
  • 『脱け出せぬ檻の中へTonight』は、TAMER様が呼びかけているというより"堕ちた者"が檻の中へ向かっている様子と捉えた。

Don't you know? You're mine…
Can't escape
TAMER
  • 最後に『Don't you know?』を持ってきたことで、堕ちた者は自分が堕ちてしまったことに気がついてないのだろうと捉えた。
  • ここで想像を膨らませるならば、堕ちたことに気がついてないところに『You're mine…』とTAMER様が語りかけ、操っていた心を解き、『Can't escape』もう逃げ出せないという現実を突きつける、というパターン。もうひとつあるとしたら『Don't you know? You're mine… Can't escape』と最後まで操っている心を解かずにTAMER様の思い通りに翻弄し続けるパターン。個人的には前者を推したい。まあどちらでもTAMER様の思い通りにはなっているだろう。



 ここからはライブを中心に振り返る。まず曲前の映像が素晴らしい。全体を通して言えることだけど、淳太くんは自分の魅せ方をよくわかっていると思う。どういう経緯で『TAMER』を選んだのかはブログ文頭の通りなので定かではないが、何をしたらこちらが喜ぶのかがわかってる。映像は目で見て曲のイメージがしやすく、嫌味のない上から目線、Sっ気、ストレートに物事を伝える等々、彼の性格を現すように歌詞と音からも世界観がイメージしやすい。絶対的自信を含んだ上から目線な言い回しの中に、こちらに選択肢を与えてくれる優しさが見え隠れしているところはまさに淳太くんだと思った。あと英詞のわかりやすさ。日本語と混ぜてくれているので更にわかりやすい。バランスもいいし意味も捉えやすい。

 ライブでの淳太くんは、真っ赤な衣装にトレードマークでもあるハットを被り、鞭を持ち、最年長である彼だからこそ出せる色気のある声と表情でターゲットである私たちを翻弄させている。重岡担の私としては、淳太くんをひたすら双眼鏡で追い続けるか巨大モニターで様々なアングルを楽しむかで毎公演悩んでいる。今のところ1番が前者、2番が後者のパターンが多いかもしれない。どうでもいいね。
 2番でTAMER様が階段をゆっくり降りていくところは肉眼で見て全体の雰囲気を感じながら美しさに震えたい。細かいところを言っていくと、1番2番共に『まだ欲しいの? NO…』は、ライブ中だと猛獣である自担をお預けにされている感覚。焦らされながらジワジワとTAMER様に落とされて行く感覚が楽しい。
 個人的に淳太くんに対して最も震えるのは2番サビの『出来た子には褒美をGive ya!!』。カメラの角度が最高すぎる……1番より断然2番派。被写体が美しいのはもちろんのこと、明確な比較できるほど記憶力がなくて残念だが顔面アップの度合いがドンピシャ。1番を経て更に自信に満ち溢れたTAMER様が仰る『褒美をGive ya!!』は至福。静かに挑発しているような表情、冷たいようなそうでないような眼。全てが歌詞の感嘆符と相反していてギャップが凄いので、感嘆符は内からくる闘志のようなものなのかとも思う。


さあ来ましたよ!!!本格的に他担が狩られる時間が!!!



 TAMER様によって逃げ出す余地をなくされた上で放たれた『Say your prayers!!』というフレーズ。猛獣である6人が順に登場する際どんな行動を取るか。重岡担である私は『Say your prayers!!』を聴いて瞬時に双眼鏡を構え、最下手から出てくる重岡くんをロックオン。そこから重岡くんから目を離すことはほぼない。"TAMER様と6匹の猛獣"という構図をじっくり観たいとしばしば思っているがなかなか叶わない。
 『底なしの闇へ I'm gonna take it all into my world tonight』というCメロ、非常に唆られる箇所でとてもゾクゾクする。ライブでここを踊っている重岡くんがものすごく綺麗…この表現で適切か定かではないが、とにかく目が離せないのだ。他のメンバーを見たことがないので重岡くんの話ばかりで恐縮だが、スポットライトを浴びて、あの吸い込まれそうな音と淳太くんの歌声と共に、彼自身の声は無くとも踊っているだけで甘美なのだ。しなやかで、指先までも見逃したくない。音と連動してフワッと両腕を宙に放ったり、最後に背を向けて右手を天高く上げたり、他にもたくさんあるが見ているだけで吸い込まれる。ターンするとジャケットの裾が広がるのさえも美しかった。目を離す余地を与えられなかった。心臓まるごと掴まれた感じ。からの『Hey bro, time to hunt!』の切替がすごい。切替というか直前までとの雰囲気のギャップがすごい。マジで獣。『Hey bro!!!』って勝手に感嘆詞つけたくなるくらい直前までの動きと雰囲気のギャップが激しい。マジで獣。また心臓掴まれるんです、さらに強く。動けないんですよ。
 6人が登場するときもそうだが、6人が歌っているところはドラム音だけになっていて、この瞬間だけはメインが6人になる。猛獣たちの見せ場であることがとてもわかりやすい。この曲で唯一彼らが声を発することができるわずか10秒間。この10秒で猛獣たちはTAMER様の元へ集まりラストへと向かう。気迫がすごい。如何にも「これから狩りに行くぞ!!」って感じ。どうしてもTAMER様(淳太くん)と6匹の猛獣(他のメンバー)を主従関係に置きがちだが、彼らの関係性を踏まえた上で見るのならば、ラスサビのTAMER様の歌詞は総じて"狩りに行け"ではなく"狩りに行こう"だと捉えたい。7人が集まったTAMERは最強だ。ピークはここ。TAMER様も猛獣たちもかっこよすぎるんですよ、マジで。勢いが半端じゃない。振付した人に金一封贈りたいレベルで感動した。良い感じに力が抜けていて気だるい雰囲気もある。でもダラッとしているわけでもない。動いているものを言葉にするのは難しくてきっと伝えたいことのほとんどが伝わってない気がして悔しいが、本当にラスサビの重岡くんが最強で最高。猛獣そのものだった。低重心最高。
 最後淳太くんを囲むような立ち位置がかみしげ、きりはま、ツインとなっているのも胸熱ポイントである。

 『Say your prayers!!』というフレーズの裏に「もう神頼みをしても無駄だ」という意味があったとする。その理由は実にシンプルで、重岡くんに釘付けだったからだ。理由それだけかよ!?と思われても仕方ないが、釘付けであったことの裏付けは前段までで十分できていると思いたい。ここまでは淳太くんの曲を聴き込んでの解釈と、ライブでの様子と自分の心情を書き進めた。書き進める上で恐らく数にしたら気持ち悪いほどTAMERを聴き込んだ。そして聴き込みながら考えていた"TAMER様と女の子を軸とした"解釈とライブ時の"重岡くん登場以降は彼に重きを置いていた"自分の心情を『Say your prayers!!』以降、ふと重ねてハッとした。ライブ時は、"6人が出てくるまでは淳太くん(TAMER様)を堪能しよう。6人が出てきたら重岡くん(猛獣)を見よう"と言葉にすると実に単純な行動を取っていた。自分の一番好きな人が出てきたらそりゃ好きな人を見るでしょ、っていう感じ。でもそれが結果的に"TAMER様に狩られた"ではなく、"TAMER様のステージに現れた猛獣によって狩られた"ということになる。今までいくらライブ序盤での挨拶で「狩るで〜!!」と言われても、TAMER様である淳太くんには(最終的には)狩られないからな!!と思っていたのに、実はガッツリ狩られていたことに気付いた。
 6人を猛獣に見立てたのは大正解で、中間淳太という人が作り上げた世界で、まんまと重岡担である自分も"猛獣と化した重岡くんを操るTAMER様こと淳太くんに狩られた"のだ。全ての主格はこの世界を作り上げた淳太くんで、TAMER様だということを再認識した。神頼みをしたところで、淳太くんには狩られてないと思い込んだところで、結局は彼の手の中にいることに変わりはないのだ。やはり中間淳太という人間には到底敵わないと思い知らされた瞬間だった。やられた。1番から徐々にLose controlの道を辿り、サビで堕とされ、2番で完全にLose control、心まで奴隷になって6匹の猛獣が出てきたところで自担という名の獣に目を奪われているのだから、結局TAMER様の思うツボだった。そして好きが増した。

 このツアーの中で『TAMER』が一番贅沢だと思っているし、一番興奮する。猛獣である6人は約1分30秒しかステージにいない。でもその約1分30秒が最高で、一番大好きな重岡くんが観れる。何度頭の中で思い出してもスポットライトを浴びて踊っているところ、歌いだす瞬間の獣っぽさが気持ちを昂ぶらせる。しかもその世界を作り上げたのが同じメンバーである淳太くんだなんて、こんな贅沢あるか?今まで感じたことのない感覚だった。もう潔く狩られよう。誰を見ていても結局は狩られるのだ。

全てはTAMER様の手の中なのだから。


ジャニーズWEST 2015年振り返り

 

 

※個人的なまとめですので抜けがある場合がございます。ご了承ください。

 

 

f:id:msh_c5:20151229142956j:plain

 

 

【TV/レギュラー】

■「ザ少年倶楽部」(NHKBSプレミアム)/ジャニーズWEST(司会:桐山照史

■「ザ少年倶楽部セレクションスペシャル」/ジャニーズWEST(司会:中間淳太

■「リトルトーキョーライフ」(テレビ東京)/ジャニーズWEST

■「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)/ジャニーズWEST

■「学校再発見バラエティー あほやねん!すきやねん!」(NHK総合)/重岡大毅

■「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」(関西テレビ)/重岡大毅

■「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」/中間淳太+メンバー1人

■「ちちんぷいぷい」(毎日放送)/中間淳太(隔週)

■「ドヨルの妄想族」(朝日放送)/ジャニーズWEST(7/11-10/10)

■「ドヨルの粉モンクエスト」(朝日放送)/ジャニーズWEST(10/24-)

 

【ラジオ/レギュラー】

■「ジャニーズWESTの男前をめざせ!」(ABCラジオ)/ジャニーズWEST

■「bayじゃないか」(bayfm)/ジャニーズWEST

■「ジャニーズWEST もぎたて関ジュース」(ラジオ関西)/ジャニーズWEST

 

 

 

f:id:msh_c5:20151229142955j:plain

 

 

【1月】

■1/1  「Johnny's Countdown Concert 2014-2015」@東京ドーム

■1/2-1/3  ジャニーズWEST 1st コンサート「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」@横浜アリーナ

■1/5-1/6  ジャニーズWEST 1st コンサート「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」@大阪城ホール

■1/10-1/31  舞台「なにわ侍 団五郎一座」@日生劇場

■1/17  ドラマ「阪神・淡路大震災20年 二十歳と一匹」(NHK総合)/桐山照史

■1/28  ドラマ「アゲイン!!」DVD&Blu-ray 発売/藤井流星神山智洋

 

【2月】

■2/4  3rd Single「ズンドコ パラダイス」発売

■2/6  「ミュージックステーション」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『ズンドコ パラダイス』

■2/14  「王様のブランチ」(TBS)/重岡大毅中間淳太

■2/14-2/28  舞台「ブラッドブラザース」@新橋演舞場桐山照史神山智洋

■2/19  「VS嵐」(フジテレビ)/ジャニーズWEST

 

【3月】

■3/4-3/15  舞台「ブラッドブラザース」@大阪松竹座桐山照史神山智洋

■3/7  「ジャニーズWEST カレンダー2015.4-2016.3」発売

■3/15  「画ヂカラTV〜クギヅケ映像を発掘せよ!〜」(フジテレビ)/重岡大毅桐山照史

■3/22  「GO!GO!WEST!冒険したってええじゃないか!」(関西テレビ)/ジャニーズWEST

■3/27  「ハピくるっ!」(関西テレビ)/ジャニーズWEST『パリピポアンセム/ええじゃないか』

 

【4月】

■4/4-  「学校再発見バラエティー あほやねん!すきやねん!」(NHK総合※関西向け)/重岡大毅

■4/4  「オールスター大感謝祭 60年分の貴重映像をクイズ出題 豪華女優&俳優も全速力SP」(TBS)/中間淳太小瀧望

■4/6  「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 2015 春の大ぶっちゃけトークSP」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『パリピポアンセム』

■4/8  「ナニコレ珍百景 3時間スペシャル」(テレビ朝日)/重岡大毅

■4/8  映画「近キョリ恋愛」DVD&Blu-ray 発売/小瀧望

■4/9  「VS嵐」(フジテレビ)/藤井流星(ようこそ、わが家へチーム)

■4/9  「櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル”ゼウス”」(TBS)/重岡大毅桐山照史中間淳太、濵田崇裕、小瀧望

■4/13  「ネプリーグSP」(フジテレビ)/藤井流星(ようこそ、わが家へチーム)

■4/13-6/15  ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ)/藤井流星(辻本正輝役)

■4/18  「王様のブランチ」(TBS)/桐山照史小瀧望

■4/22  デビュー1周年記念アルバム「パリピポ」発売

■4/22  「関ジャニ∞村上信五丸山隆平レコメン!」(文化放送)/ジャニーズWEST

■4/23  ジャニーズWEST デビュー1周年*・゜゚・*:.。..。.:*・

■4/27  「プレミアMelodix!」(テレビ東京)/ジャニーズWEST『パリピポアンセム』

■4/27  「有吉ゼミ2時間SP」(日本テレビ)/重岡大毅桐山照史

 

【5月】

■5/4-5/6  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@横浜アリーナ

■5/8-5/9  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@名古屋国際会議場センチュリーホール

■5/12  「発見!なるほどレストラン日本のおいしいごはんを作ろう!」(フジテレビ)/藤井流星

■5/13-5/14  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@大阪城ホール

■5/18  「めざましテレビ」(フジテレビ)/藤井流星(めざましジャンケン)

■5/20  「アポロン」(TOKYO FM)/小瀧望(あいみみコーナー)

■5/21  「今井翼のto base」(文化放送)/藤井流星

■5/28  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@広島文化学園HBGホール

■5/28  「今井翼のto base」(文化放送)/藤井流星

 

【6月】

■6/1-6/2  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@福岡サンパレス

■6/3  ドラマ「ごめんね青春!」DVD&Blu-ray 発売/重岡大毅

■6/6-6/7  「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」@神戸ワールド記念ホール

■6/10  「TOKIOカケル」(フジテレビ)/桐山照史中間淳太藤井流星小瀧望

■6/14  「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」(TBSラジオ)/重岡大毅(海老沢ゆずる)

■6/17 「なにわともあれ、ほんまにありがとう!」DVD&Blu-ray 発売

■6/24  「テレ東音楽祭(2)ようこそテレ東へ〜MC国分太一で今夜だけの4時間半生放送」(テレビ東京)/ジャニーズWEST『ええじゃないか/バリ ハピ』

 

【7月】

■7/1-  「リトルトーキョーライフ」(テレビ東京)/ジャニーズWEST

■7/4  「THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。」(日本テレビ)/ジャニーズWEST『バリ ハピ』

■7/6  「有吉ゼミ」(日本テレビ)/桐山照史

■7/11-10/10  「ドヨルの妄想族」(朝日放送)/ジャニーズWEST 

■7/16  「MBS SONG TOWN」(毎日放送)/桐山照史中間淳太神山智洋

■7/24  「ジャルやるっ!」(関西テレビ)/重岡大毅、濵田崇裕

■7/26  「やすとものどこいこ!?」(テレビ大阪)/桐山照史中間淳太

■7/26  「MUSIC JAPAN」(NHK総合)/ジャニーズWEST『バリ ハピ』

■7/26  「魁!音楽の時間」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『バリ ハピ』

■7/29  4th Single「バリ ハピ」発売

■7/30  「関ジャニ∞村上信五丸山隆平レコメン!」(文化放送)/重岡大毅中間淳太、濵田崇裕

■7/31  「ミュージックステーション」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『バリ ハピ』

 

【8月】

■8/1  「王様のブランチ」(TBS)/藤井流星、濵田崇裕

■8/6  「アポロン」(TOKYO FM)/神山智洋(あいみみコーナー)

■8/26  アポロン」(TOKYO FM)/重岡大毅(あいみみコーナー)

 

【9月】

■9/9  ドラマ「ようこそ、わが家へ」DVD&Blu-ray 発売/藤井流星

■9/19  「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」(テレビ朝日)/中間淳太

■9/23  「30年目突入!史上初の10時間スペシャル MUSIC STATION ウルトラFES」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『ええじゃないか』

■9/23  「この話、凄くないですか?」(フジテレビ)/中間淳太

■9/28-  連続テレビ小説「あさが来た」(NHK総合 他)/桐山照史(白岡榮三郎役) ※出演は11/26〜

 

【10月】

■10/7  「ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」DVD&Blu-ray 発売

■10/8  「MBS SONG TOWN」(毎日放送)/中間淳太

■10/9-  「ちちんぷいぷい」(毎日放送)/中間淳太(隔週出演)

■10/15  「MBS SONG TOWN」(毎日放送)/中間淳太 

■10/20  「お願い!ランキング 1部」(テレビ朝日)/藤井流星

■10/23-12/11  「サムライせんせい」(テレビ朝日)/藤井流星(佐伯寅之助役)

■10/24  「Saturdayジャニーズ」(日刊スポーツ)/小瀧望

■10/24-  「ドヨルの粉モンクエスト」(朝日放送)/ジャニーズWEST

■10/25  「大阪マラソン2015」/中間淳太神山智洋、濵田崇裕

■10/25  「ケイ・オプティム スポーツスペシャ大阪マラソン2015」(毎日放送)/重岡大毅桐山照史

 

【11月】

■11/2  「有吉ゼミ」(日本テレビ)/桐山照史

■11/10  「育ジャニ!」(毎日放送)/ジャニーズWEST

■11/13-12/6  舞台「MORSE-モールス-」@東京グローブ座小瀧望

■11/24  「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2015」(日本テレビ)/ジャニーズWEST『Can't stop/All My Love』

■11/26-  連続テレビ小説「あさが来た」(NHK総合 他)/桐山照史(白岡榮三郎役)

 

【12月】

■12/5  「Saturdayジャニーズ」(日刊スポーツ)/藤井流星

■12/9  2nd Album「ラッキィィィィィィィ7」発売

■12/9-12/13  舞台「MORSE-モールス-」@シアターBRAVA!/小瀧望

■12/13  「魁!音楽の時間」(フジテレビ)/ジャニーズWEST(40秒出演)

■12/15  「ちゃちゃ入れマンデー」(関西テレビ)/重岡大毅

■12/16  「2015 FNS歌謡祭 THE LIVE」(フジテレビ)/ジャニーズWEST『ええじゃないか』

■12/17  関ジャニ∞村上信五丸山隆平レコメン!」(文化放送)/ジャニーズWEST

■12/25  「MUSIC STATION SUPER LIVE 2015」(テレビ朝日)/ジャニーズWEST『ズンドコ パラダイス』

■12/26  「2年ぶりの復活 特別企画 ジャニーズ年越し生放送 16年の歴史一気に見せますスペシャル」(フジテレビ)/ジャニーズWEST

■12/31  「第66回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)/桐山照史(『あさが来た』企画ゲストとして登場)

■12/31-1/1  「ジャニーズカウントダウン 2015-2016」@東京ドーム

 

 

f:id:msh_c5:20151229142953j:plain

 

 

【2016年】

■12/31-1/1  「ジャニーズカウントダウン 2015-2016」@東京ドーム

■1/1  「2016年も、ジャニーズWESTでええじゃないか!」(CBCラジオ)/桐山照史中間淳太神山智洋

■1/1  「池上彰のどーなる?ジャーナル」(毎日放送)/濵田崇裕

■1/2  新春時代劇「信長燃ゆ」(テレビ東京)/神山智洋森坊丸役)

■1/3-1/4  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@大阪城ホール

■1/6-1/7  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@横浜アリーナ

■1/13-1/14  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@名古屋 日本ガイシスポーツプラザガイシホール

■1/17  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@広島グリーンアリーナ

■1/23-1/24  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@マリンメッセ福岡

■3/9  WiNK UP編集部 特別編集「ジャニーズWEST CALENDAR 2016.4-2017.3」発売

■3/20  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@朱鶯メッセ 新潟コンペンションセンター

■3/24-3/25  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@大阪城ホール

■4/2-4/3  「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

■5/14  映画「殿、利息でござる!」/重岡大毅(穀田音右衛門役)

■6/3  ドラマ「サムライせんせい」DVD&Blu-ray 発売/藤井流星

■放送未定  「櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル”ゼウス” 第2弾」(TBS)/重岡大毅中間淳太神山智洋藤井流星、濵田崇裕

 

 

f:id:msh_c5:20151229142954j:plain

 

 

2016年もジャニーズWESTにとって飛躍の年になりますように♡*.+゜

 

 

#とあるジャニヲタの1日 社会人2年目〜平日の場合〜

moarh.hatenablog.jp

 

あややさんのブログにまとめられている記事を幾つか読んだが「ジャニヲタの1日」というだけで、スーパージャニヲタタイム以外は割と普通なのにどこか面白くて読み耽ってしまった。他人の生活の一部を覗き見するのは刺激になっていい。
 
というわけで(?)便乗したがりなので、まったく面白味のない私の1日も晒してみようと思う。もう一度言う、まったく面白味はない。
 
※円グラフは面倒だったので割愛(すみません)
 
■23:00〜6:00 睡眠
寝る時間は23:00の時もあればベッドでTwitterを眺めていたらいつの間にか0:00前なんてこともある。でもだいたい23:00〜23:30には寝ないと次の日の仕事にだいぶ響くからスマホを投げ捨てて寝る。寝ないとやっていけない。しかし水曜深夜『リトルトーキョーライフ』ジャニーズWESTのターンは例外。21:30〜23:50まで仮眠を取りリアルタイムで観てから寝ている。果たして仮眠が意味を成しているのか定かではない。起床時間は基本的に6:00。どうしても眠すぎて眠すぎて仕方がない時はiPhoneのアラームのスヌーズ2回目で起きる。うん、どうでもいいね。
 
■6:00〜6:50 朝準備
ざっくり朝準備と括ったが、内訳は以下の通り。まず、6:00〜6:15で毎日録画をしているめざましアクアなどのWSをチェックしその場で編集または削除。ZIP!めざましテレビは5時台のみチェックして放置。6:15〜6:30でZIP!を観ながら朝ご飯を食べる。6:30〜6:50で歯磨きや化粧などの身支度を終えて家を出る。
 
■6:50〜8:20 出勤
1時間半程の通勤時間。そのうち電車は1時間。電車に乗り、レポアカにその日のジャニーズWESTに関するメモを落とし、主に使用してるアカウントのTLを遡る。最近また本を読み始めたので、Twitterを一通り遡ったらスマホをしまい本を読んでいる。1時間もあればかなり読める。仕事で液晶画面ばかり見るくせに、始業前から目を殺すのもどうかと常々思っていたので、もっと早くから行動に移すべきだったと反省していたところだ。
 
■8:30〜18:00 仕事
内1時間は昼休憩。先程も述べたように、常にPCの液晶画面とにらめっこ状態。もうJINS PCがないと生きていけない。あややさんが仰る通り「稼ぎなくしてヲタクは出来ぬ」なので頑張ってる。定時は17:15だが残業を含めると平均してこのくらいかと。舞台があるときは死ぬ気で仕事終わらせて定時ダッシュ。
 
■18:00〜19:30 退勤
出勤同様、電車ではTLを遡ってから本を読んでいる。水曜はJohnny's webでジャニーズWESTが連載している『な・に・わ・ぶ・誌』を読み、重岡くん流星くん小瀧くんあたりに「また更新してないよ〜まったく〜」と思っている。連載初めに淳太くんから忠告を受けたにも関わらず、家まで我慢できず電車の中で読んでは笑い転げるのを頬の内側を噛みながら必死に堪えている。そして淳太くんの文章力に嫉妬する。羨ましい。最寄り駅に着いてからは、夕食の買い物をしたり、雑誌を買ったりして帰宅。
 
■19:30〜20:00 お風呂
お風呂から上がったらすぐ夕食を作るので、入る前に炊飯器にお米をセット。長く入っているとすぐ逆上せてしまう体質なので、ササッと済ませる。水曜は『ザ少年倶楽部』の放送があるが、諸々の支度が間に合わなくても追っかけ再生するので問題なし。
 
■20:00〜21:00 夕飯
妹と同居しているので2人分。学校終わりにアルバイトをしている妹の方が帰りが遅いので、夕飯はだいたい私が作っている。基本的にはメニューがテキトーでも自炊はするようにしてるが、仕事疲れがどうしようもない時は「ごめん、今日パス」とLINEを入れておくのがお決まり。この時間で録画していたドラマを消費する。
 
■21:00〜23:00 自由な時間
スーパージャニヲタタイムと言いたいところだが、これと言ってスーパーにジャニヲタらしいことはしていないのが現実。少クラの一部分をリピートするのもごく稀で、だいたい夕飯時の録画消費を延長している。ドラマ自体が好きなので、ジャニーズが出てようが出てなかろうが録画して見ているのでジャニヲタタイムと言えるのかは微妙。そんな中、まあこれはジャニヲタタイムかな?というのは、日記(EDiT)。毎日書いているかと言われれば不定期だが、最近は割と書けている気がする。書けなかった分は別の日に如何にもその日に書いたようなテンションで書き進める。とりあえずページを埋めることが楽しい。収集癖の酷さが出ているマスキングテープやシール、ジャニーズWESTなどの切り抜きを使って1ページをデコレーションをして、他愛ないことやその日にあったジャニーズWESTゴトを書いている時間が、何もないクソほど規則正しい面白みのない平日で唯一の楽しみになりつつある。ちなみにこんな感じ。
 
f:id:msh_c5:20150927161226j:image
 
センスはないのでキラキラ輝くジャニーズの皆様とかわいいマスキングテープで誤魔化している。
 
 
最初に述べた通り、実に面白味のない平日を送っている。正直舞台でもない限り、如何にもジャニヲタ!!って感じの生活は送っていない。ジャニヲタであるために働いて稼いでいるごく普通の人。水曜は例外だから別スケジュールで書き直した方がいい気がしてきたけど、こちらも大して面白くはないのでやめておこう。この記事を書いていて、私がジャニヲタとして本格的に活動するのは、やはり現場があるときだと思った。平日はこんなもんでいいんだ。なんとなくカメラロール眺めて、好きな人に「ああかわいいな〜」「かっこいいな〜」ってTwitterに垂れ流してるくらいがいい。毎日ジャニヲタしてたらさすがに疲れる。余談だが、フォロー外のいろんな人の意見を見たりするとどうしようもなく疲れてしまう時がたまにある。そんな時はだいたい私生活もうまくいってない場合が多いのでTwitterからも潔く消えるくらいだが、毎朝レポアカにメモを落とすことだけは怠らない。そもそもレポアカは自分のための備忘録だから、辞める必要もないなと。もはや習慣。ジャニヲタの定義が人それぞれならば、私のジャニヲタライフ〜平日の場合〜はこんな感じ。超ざっくり。割とテキトー。現場には行きたい。好きな人を好きなだけかっこいいだのかわいいだの言いたい。
 
最後だいぶ話がズレた気がするけど許してくださいな。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。楽しかったです。
 
 

2015.09.04 ジャニーズWESTの男前をめざせ!(照史重岡小瀧)100問文字起こし

(※OP、ジングル抜き) 

 

照史「クイズ、100問をめざせ〜!」「「いえ〜〜い!!よっしゃ〜〜!!」」重岡「懐かしい!」照史「これしげやったことある?」重岡「あるよ!何回かあるけど!」照史「ほんまぁ」重岡「けど〜これ100問行ったことないやんな?」照史「そうやねん!4分間で100問の質問全部答えていただいたらクリアということで。ちなみに前回7/10の放送で淳太くんと濵ちゃんが挑戦しましたが4分間で、89問!」小瀧「惜しい!」重岡「すごいやん!」照史「あと11問で」重岡「あと11問やん」照史「11問の壁をこの4分間で、」小瀧「11問答えるってことは15秒くらいはいるからね!?」照史「せやな?」小瀧「噛んだら知らんからな!?質問を」照史「ハイッ!」小瀧「わかった?」照史「ッシャイ!」「「ハハハww」」照史「じゃあしげ、のぞむ、しげ、のぞむの順番で行きたいと思います!100問をめざせ、スタート!」

 

1 照史「今日の気分を天気で例えると?」重岡「晴れ」

2 照史「今朝、何食べた?」小瀧「鶏のチリソース」

3 照史「へ〜作り方教えて?」重岡「…あの〜チリをかけますw」

4 照史「ジャンケンポン何出す?」小瀧「グー」

5 照史「◯◯マスター、何マスターをめざす?」重岡「え、あの〜トイレマスターw」

6 照史「一番落ち着く場所は?」小瀧「家」

7 照史「へ〜なんで?」重岡「あの〜落ち着くよねw」

8 照史「最近笑ったことは何?」小瀧「今この瞬間!」

9 照史「最近泣いたことは?」重岡「あの〜映画」

10 照史「なんで?」小瀧「感動したから」

11 照史「今欲しいものは?」重岡「肉」

12 照史「テストで取った最高得点は?」小瀧「120点!」

13 照史「男友達に言われて嬉しかった言葉は?」重岡「お前〜ほんま〜え!?」

14 照史「今の気持ちを得意な英語で」小瀧「Exciting!」

15 照史「今度は得意な中国語で!」重岡「ファンタスティック!!」

16 照史「隣の人を褒めて?」小瀧「え〜かっこいい!」

17 照史「褒め返して?」重岡「かっこいいよ、お前も」

18 照史「ファンに言われて嬉しい一言は?」小瀧「おもしろい!」

19 照史「こっそりやってみたいことは?」重岡「空飛ぶ」

20 照史「20問目です。今の気持ちをラップ調で」小瀧「夏の思い出〜♪」

21 照史「今すぐ食べたいものは?」重岡「水素」

22 照史「自分の体で好きなところは?」小瀧「胸筋」

23 照史「今、困ってることある?」重岡「あの〜汗っかき」

24 照史「好きだった給食は?」小瀧「焼きそば!」

25 照史「作り方教えて?」重岡「あの〜焼くw」

26 照史「毎日の楽しみにしていることは?」小瀧「湯船に浸かる」

27 照史「カラオケの十八番は?」重岡「ミスチル

28 照史「歌ってみて?」小瀧「ダ〜リン、ダ〜〜リン♪」

29 照史「好きなジュースは?」重岡「にく」

30 照史「照史くんのいいところ」小瀧「太ってる」

31 照史「照史くんを舞い上がらせて?」重岡「あ、デブふふふ(笑)」

32 照史「自分って天才って思う時は?」小瀧「え〜っと物事がうまく進んだとき!」

33 照史「メンバー同士でキスしたことある?」重岡「ない」

34 照史「へ〜誰と誰が?」小瀧「俺と濵ちゃん」

35 照史「女の子の髪型、ロング派?ショート派?」重岡「ショート。暑いからね、今」

36 照史「なんで」小瀧「スッキリしてるから」

37 照史「天ぷら何かけて食べる?」重岡「ん〜塩!」

38 照史「じゃあ豚まんは?」小瀧「え〜醤油」

39 照史「とびっきりの言葉で隣の人を口説いて?」重岡「へ〜い!お前、来いよこっち!w」

40 照史「答えをどうぞ」小瀧「行く行く〜!」

41 照史「寝言、言う?」重岡「言う〜!」

42 照史「眠れないときどうする?」小瀧「寝ない」

43 照史「今ハマってることは?」重岡「あの〜にくw」

44 照史「30年後、何してる?」小瀧「犬と走ってる」

45 照史「じゃあ30年後の自分に一言」重岡「鳥と走れよっw」

46 照史「天然で思い出すことは?」小瀧「流星」

47 照史「メンバーカラーのもの買ってしまう?」重岡「買う!」

48 照史「へ〜何買った?」小瀧「え〜っと〜、帽子!」

49 照史「得意なスポーツは?」重岡「サッカー」

50 照史「今日の服装は?」小瀧「夏男!」

51 照史「51問目です!今の気持ちをロック調で」重岡「イエ〜〜オッケーカモンベイベ!?」

52 照史「無人島にいっしょに行くならメンバーの誰と行く?」小瀧「濵ちゃん」

53 照史「なんで」重岡「あの〜はまちゃんやからね、やっぱ」

54 照史「下着は何色が多い?」小瀧「黒!」

55 照史「一緒に住むならメンバーの誰がいい?」重岡「濵田」

56 照史「なんで?」小瀧「落ち着く」

57 照史「一日だけ猫になれるとしたら何する?」重岡「あの〜あ、魚くわえる!」

58 照史「ある日突然自分にそっくりな猫に会ったら?」小瀧「ともだちになる」

59 照史「過去に戻れたら何する?」重岡「あの〜名前を、つける」

60 照史「じゃあ未来に行けたら何をする?」小瀧「行きたくない!」

61 照史「好きなパフェは?」重岡「パフェ、あ〜チョコバナナ!」

62 照史「好きなパンは?」小瀧「え〜〜〜よもぎパン!」

63 照史「(笑)お風呂に入って最初にすることは?」重岡「ふぅ!って言う」

64 照史「好きな匂いは?」小瀧「柑橘系」

65 照史「秘密を教えて?」重岡「あの〜実は男です!」

66 照史「ジャングルジムの魅力って何?」小瀧「すごい入り組んでる!」

67 照史「一億円でヌードが決まりました。オールヌードがきましたどうする?」重岡「受けない!」

68 照史「暇つぶしに何する?」小瀧「友達に連絡する」

69 照史「一日に何時間くらい独り言言う?」重岡「え〜え、4時間」

70 照史「好きな呪文をひとつどうぞ」小瀧「アブラカタブラ

71 照史「架空の星に名前を考えて?」重岡「こりんてーてーw」

72 照史「一番古い記憶は?」小瀧「え〜と、サイパン旅行!家族の」

73 照史「かぐや姫は何しに来たと思う?」重岡「あの〜夜遊び!w」

74 照史「靴のサイズ教えて?」小瀧「27!」

75 照史「泳ぎは得意?」重岡「得意よ!平泳ぎ」

76 照史「何に似てると言われる?」小瀧「いぬ!」

77 照史「怖い人に囲まれました!どうする?」重岡「やっつける」

78 照史「猿に囲まれたらどうする?」小瀧「ウキーッ!!」

79 照史「最も贅沢だと感じる時は」重岡「肉をいっぱい食べてるとき!」

80 照史「じゃあケチだな〜と思うことは」小瀧「えっと〜なんかんぐ、ケチるとき!」

81 照史「もし今自分が女子高生だったらギャルになってた?」重岡「なってた!」

82 照史「失恋に効く、こ、」小瀧「ハリー!怒」重岡「とっこうやく(小声)」照史「特効薬を教えて!」小瀧「失恋ソング!」

83 照史「女の子に何て呼ばれてる?」重岡「だい、くぅう…w」照史「あ、おかん!ごめんなさい!w」

84 照史「お父さんに何て呼ばれてる?」小瀧「のぞむ」

85 照史「手がもう一本欲しいと思う時は?」重岡「ある、あの、かゆいとき」

86 照史「テストが全教科0点。親になんて説明する?」小瀧「ま〜しゃあないよな!」

87 照史「これから一生ひとつのものしか食べられないとしたら」重岡「にくぅ!!!」

88 照史「ポロシャツの裾をジーンズの中に入れちゃう男どう思う?」小瀧「いいんじゃない?」

89 照史「買ったけど失敗したな〜って思う服どうする?」重岡「後輩にあげる!」

 

カーンカーンカーンカーーーーン!!!

 

小瀧「あああ〜〜〜〜!!!」重岡「ちょっと今一瞬さぁ!躓いたよねぇ!?」照史「いやぁ、音変わってんジャン!から」重岡「なにですか?連携ミスですか?」小瀧「くっそいっしょやん!」照史「というわけで、89!いっしょでしたね〜〜」小瀧「いっしょや〜〜ん」照史「あの、ごめんなさい重岡くん」重岡「はい」照史「今何しました?w」重岡「ポテチたべてましたw」照史「家おるんちゃうからw」重岡「すいませんすいませんw」小瀧「リラックスしてんな〜〜(笑)」照史「リラックスしてんな〜まあ、たぶんリスナーさんも感じてること言っていいですか?」「「うん」」照史「咄嗟に出たからね?重岡さんプシュって言いましたけど」重岡「あ、すいません炭酸飲料をw」照史「おっまw家おるんちゃうんやから!」重岡「すみませんw」照史「やめてもらっていいですか?w」重岡「ホッと一息」

照史「みんなが聴いてて一番引っ掛かってもう入ってきてないとこ言ってもいいっすか?30、31問目くらいのですね『照史くんのいいところはどこ』『照史くんを舞い上がらせて』じゃあ小瀧くんまず何て言いました?」小瀧「デブって言ったかな…」重岡「いや太ってるって」小瀧「太ってるって言ったか」照史「う〜ん、まあまあいいところ、」小瀧「あの〜安心感がある」照史「いい風に言ってんちゃうぞw」小瀧「ちょっとわがままボディな」照史「なるほどなるほど〜」小瀧「あの〜安心する!」照史「はいはいはい」小瀧「抱き締めて欲しい!」照史「あ〜テディベア的なね?」小瀧「うん」照史「はいはいはい。重岡くん『照史くんを舞い上がらせて』これテンション上げてでいいんですね?何て言いました?」重岡「かわいいって言った」照史「言ってないっすね」重岡「えっ?」照史「じゃあそのペースで行くね?ジャン!照史くんを舞い上がらせて?」重岡「デブ」照史「言ってもうた」重岡「あれ、あ、やばい咄嗟になんか出てしまう…咄嗟に出てしまうw」照史「アホ!w誰がこれで舞い上がんねんアホか!!」重岡「ハハハハハww」小瀧「やった〜〜!!俺デブや〜〜!!って」照史「なるかあ!!!(笑)」

照史「でもいろいろちょっとね〜気になったところありますよ?え〜とね、好きだった給食、これなに?」重岡「あ〜」照史「え〜これなに?給食ちょっとちゃうやろ?みんなと」重岡「あ〜」小瀧「焼きそば俺」重岡「俺はなぁ、ハンバーグやったなぁ」小瀧「ハンバーグなんてそんな豪華なもん出た?」重岡「出た出た。いや出たと思うよ?」照史「え、牛乳パック?瓶?」小瀧「瓶」重岡「俺はね、瓶からパックに変わった世代」照史「うわっ。ストローにさぁ、なんかいちごのやつとかきた?」重岡「…ストローにいちごのやつ?」照史「なんか、そのストローで飲むといちご味に変わったりすんねん」重岡「そんなんなかったよ」照史「なかってんなぁ!?あ、望のときもなかった?」小瀧「なかった」重岡「あったん?」照史「いや、俺もなかってんけど、俺らの下の代がもうあんねんて今」重岡「今あるん!?え〜〜なにそれ、いちごの味すんの?」照史「チョコとかさ」重岡「い〜なにそれ!」小瀧「すごいな」重岡「あと冷凍の巨峰とか美味しかったな〜」照史「そんなん出やんかったし…」小瀧「冷凍の巨峰?」照史「なかったなかった」小瀧「俺もたぶんすごい田舎の方やからさ、そんなお洒落なもん出てない」照史「何出てたん?煮っころがしとか?w」小瀧「逆に煮っころがしがわからん俺!」照史「ハハッ!w」重岡「食べたいわ〜チリクラブとか食べたいわ」照史「どんな給食出とんねんお前んとこww」小瀧「シュリンプとかよく出てきたな」照史「エビでええやんけw」重岡「ペッパーチキン食べたいわw」照史「普通に鶏でええやんwでもなんか今になってもういっかい給食が食べたいってのは出てきますね」小瀧「食べたい食べたい」重岡「せやな〜給食袋とか蹴って帰ってたわよぉ」照史「あったな〜」重岡「懐かしいな〜うわ懐かしい給食!」

 

ED

照史「しげお願いしまーす」重岡「久しぶりやこれ。おハガキの」照史「噛んだらあかんで〜絶対に!」重岡「ん?あ〜大丈夫。おハガキの場合は」照史「緊張する?」重岡「ううん、ぜんぜ〜ん。郵便番号」照史「結構久々やな?」重岡「ごーさんれーの」照史「なあ?」重岡「はちれーれーいち、ABCラジオ」照史「いける?」重岡「ジャニーズWESTの男前をめざせ」照史「言える?」重岡「メールの場合は」照史「髪切ったっしょ〜!もみあげちょっとなくなってんもん今〜!」重岡「うるさいなあもう!!!読ませてやちょっと待って?メールの場合はアルファベットで」照史「し〜〜〜〜っ」重岡「あきと、アットマーク」照史「違う違う!まあでも読まんでもみんな知ってるか!」重岡「メールの場合は〜(やっと読み終えるw)今夜のお相手は、司会の桐山照史と、重岡大毅と、小瀧望でしたっ。ばいば〜い(笑)」

ド新規重岡担が自担の”不在”について思うこと

 

デビュー前からつきまとっているジャニーズWESTのセンター・重岡大毅の『不在』に対するド新規重岡担の矛盾だらけの葛藤を、ただひたすら殴り書きしてちょっと整理してみた。

そもそも何故これを書き出そうと思ったかというと、自分の意に反すると言ったら大袈裟だが「去年の自分だったらこんなこと思わなかったのに」という場面が増えてきたからだ。

”歯医者”というの名のもとに別仕事でほぼ隔週ならぬ隔月出演状態になっている『ザ少年倶楽部』。不在の理由は、喜ぶべき外部番組レギュラーの仕事だ。わかってはいる、頭ではわかってはいるけど、”7人”のジャニーズWESTが見られない、大好きなジャニーズWESTに大好きな自担がいない、センターがいない。私はそんな状況に未だ慣れない。というか慣れたくない。正直なこと言ったら、なんで慣れなきゃならんのだと。ジャニーズWESTって6人だっけ?違うよね?って思ってしまう。悲しいかなこれが「こんなこと思いたくないのに」の絶頂である。重岡大毅を応援していく上でそんなこと言ってはならんと思っていたし、自分がこんなことを思うようになったのも正直恥ずかしいというか、別のところで、しかも外部の仕事をしっかり頑張ってるんだから我慢しろよと思うところだが、一筋縄ではいかないのも事実。だって、そもそも『ザ少年倶楽部』は”ジャニーズWEST”というグループでの仕事だ。ジャニーズ内部の仕事だから一人いなくてもいいのか、一人いなくても成り立ってしまうことが悲しかった(じゃあSexy Zoneはどうなのかと言われたらそれはまた事情も話も別なのでここでは挙げないが)。個人の仕事も嬉しいしありがたいけど、やはり”ジャニーズWEST”が観たい。何せその外部番組のレギュラー番組が関西ローカルなので、関東在住の私には観る術がないからだ。そこも「こんなこと思いたくないのに」を作ってしまった要因なのかもしれない。ローカルの話なんてし出したらキリないからやめておくけど、諸々の事情はあるにせよ、ダブルブッキング(?)もうちょっとどうにかならないものかと、素人考えで思ってしまうのです。

私も最初からこんなネチネチしたしょうもない感情を抱いていたわけではない。「別仕事だから仕方ない」「外部番組だしジャニーズに合わせてられない部分はあるよな」等々割り切っていたことの方が多かった。何がどうしてこんなしょうもないブログを書くまでに至ってしまったのかというと、今月行われた『ザ少年倶楽部』の収録がきっかけだ。運良くハガキ当選して参加したわけだが、その収録の前日に台湾での目撃情報があったことを直前で知り、重岡くんが不在なことは覚悟していた。さすがに少クラのために戻っては来ないだろうな〜と思っていたので、いざ「ジャニーズWEST〜!」と紹介されて6人しか出てこなかったときも、連番した友人と「一人足りへんなあ!?足りへんよなあ!?」などとふざけ倒してるくらいだった。なんでこうも少クラで新曲披露!の時に限っていないんだよ…とは思ってたけど。そりゃ思うでしょうよ!!!てか、いつも居ろよって思ってるしな!!!(はいはい)バリハピまではよかった。心の準備ができていたから。しかしダンスメドレー(Criminal〜Can't stop〜for now and forever)は違った。何故なら濵淳が繋ぎトークをしていて、裏から出てきた照史くんが「黒衣装を着ていた=まだ少クラで披露していないSCARSを歌う」と勝手に思い込んでしまったせいで、2014年夏を思い出させる不意打ちをくらったからである(Can't stopは違うけど)。恥ずかしながら重岡くんのパートを他の人が歌っている時、割り切っていたはずの「6人の夏」であった『台風n Dreamer』を思い出して泣いてしまったのだ。嘘みたいな本当の話である。確か連番してた友人に涙を流して爆笑しながら「もうこれ絶対(放送)見ない」とバカなことを言っていた。冗談っぽく言ったが割と本気だ。実際、最近重岡くんが不在の時の少クラをリアルタイムで観ることはなくなっており、翌月末の『セレクションスペシャル』でさらっと観ていることが多々ある。「ここにいるはずなのに」という気持ちが大きくなってしまっていたため、きっと観たら負の感情が勝ってしまうと思ったからだ。ここまで散々言っておきながら、基本的には大好きなジャニーズWESTに対して負の感情を持ちたくないという非常に面倒なヲタクなのだ。もしかしたら、去年の夏は負の感情を持ちたくないがために”不在”のことには触れずにやり過ごしてきたからかもしれない。

そんな2014年夏の『台風n Dreamer』の時から思っていたことだが、重岡くんの代わりの歌割りが誰だとか正直知りたくないのが本音だ(直ぐさま代わりの歌割りを上げたのはもはや自虐)。代わりってなんだ?仕方ないことだと頭ではわかっていてもハテナマークが脳内を駆け巡る。他のグループの曲をカバーして歌うのとは訳が違う。グループ内で”代わり”って一体何なのだろう。私にとっては初めての感覚だったから戸惑った。

元担の時から何故か自担の”不在”に縁があった。ありがた迷惑な話だ。酷く落ち込んでた記憶が今でも消えない。元担もデビューしているのに”不在”なんて存在するのかと。まあ理由が体調不良の時もあってそれはそれでやりきれなかったけど。そのときもうひとつ落ち込んだことがあった。誰かが”不在”であることによって、そこに代役が立つ。代役が立ってセリフを言う、歌う。普段ならそこに存在しない違う空間が生まれる。普段ならありえない振り分けで穴が埋められる。それに対して「◯◯くんの代役は△△くん」とTwitterなどに書かれるのはもちろんだが、「△△くんの方がよかった」「△△くんの歌めっちゃ感動した」という類のツイートを目にした時、酷く落ち込んだ。自分が思ったことを書いて手軽にツイートできる世の中だ、そんな意見あって当然だとは思うが、それを”不在”に立ち会った顔見知り(相互フォロー者)がいるTLで書かれていたことが悲しかった。ああ、ここにも落とし穴があったのかと。代役の方がよかったと言われた、元々いるべき人間の担当またはファンはどう思うだろう。私は悲しかった。「自担じゃない方が満足なんだ、じゃあ今まで観てきて感動してきた私の気持ちは?好きだって思っていたのは?」ってなるでしょう。自担にそこまでの力量がなかったと言われればそこまでだが、今言いたいのはそこではない。グループ内で”不在”が発生しているとき、代役で盛り上がるのは大いに結構だが、その裏でひっそりやりきれない気持ちになっている人がいることを頭の片隅に置いてほしいということだ。言いたいことは言えばいい。私だって言う。別にフォローもしなくていい。頭の片隅に置いてほしいだけ。なんてわがままなこと言っているのだと自分でも思ってるけど、これが本音だ。毎月毎月、いるのかいないのか確認する作業すらただただ傷を抉りに行っているようなものに思えてきたからこそ、少しだけ心の叫びを聞いてほしい。6人が当たり前にならないでほしい。共感してくれとは言わない。同じ重岡担ですらこんなくだらない私の思いに共感してくれるひとなんて本当に限られているだろうし、人の思いも感覚もそれぞれだから。でも知っていてほしい。わがままだけど。デビューから1年が過ぎて、2ヶ月に一回はいないのが当たり前になってしまってる分、重岡担がそれに慣れてきているわけじゃないということを。冒頭でも言ったが、決して慣れたくなんてないのだ。

6人のジャニーズWESTの時に、6人のカッコよさを改めて知るのは辛い。「ここに重岡くんがいるはずなのに」という気持ちが大きくなってしまうから。重岡くんがいないから6人がゆっくり観れる、それではダメなのだ。決して6人のジャニーズWESTを否定しているわけではない。6人だって頑張ってるのはわかってるけど、そうじゃなくて、7人の立ち位置で、重岡くんはこんな動きをしていたけど他の6人はこんな動きをしていて、この人はココでカッコいい仕草をするんだ、とかそういうのが観たいのだ。

矛盾だらけでよくわからないことをいろいろと言ってきたが、結局言いたいことは「7人のジャニーズWESTを、何の心配も不安も気がかりもなく観たい」それだけ。叶うが先かジャニーズWESTが少クラを卒業するのが先かはわからないけど、来月も再来月も、重岡くんが収録に参加していることを願いながら、傷を抉る結果にならないことを願いながら、確認する作業を懲りずにやっていくだろう。